読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周回遅れすぎる雑感 ガンダムSEED48話

退院自宅療養で、最終話まで一気見。

感想を直にぶちまける事ができる旦那が側にいるので、ブログで途中まとめもしませんでした。
 
けど、旦那にまず第一にぶつけた感想がOPのまくれるおっぱいについてだったので、ブログにわざわざ書き残すほどのものでもない気がしてきてしまいキーボードを打つ手が震えてどーしよう。まあいいや。
 
ニナ・パープルトンの再来かとも思えたフレイは都合よく抹消され、歌姫と主人公という鉄板のカップルが誕生。
昼行燈同士なので二人でいる時は時間が止まっています。あのー恐縮なんですが何とかこう、ストーリーの理解が進む様な会話とかしていただけませんかねー。少女マンガを見ているようでむずむずして落ち着かないんですけどぉぉー。
それに対するアスランカガリの安定感ときたら。わかりやすいっていいわぁ。
 
で、気になっていたコーディネーターの迫害について。
血のバレンタインに至った詳細は本編では語られませなんだ。残念。
類推するに、コーディネーターがその知力をもって社会の上層に容易く食い込んだからこそ、権力者との軋轢を産み、既存のエリート層が青き地球やらの排斥組織の温床になったと。うーん、もうちょっと説明が欲しい。
でもこれ、財産に余裕がある層からどんどんコーディネーターに置き換わっていって、最終的には支配層は全てコーディネーターってなりそう。今は過渡期だからナチュラル・エリートと衝突したりしてるけど、コーディネーターであるにも関わらず、フラガ少佐やカガリの様に、隠したり、自覚もないままナチュラルの中で生きてる人は沢山居るみたいだし。出生率の低下についてはきっと何とかなるし。あんだけ天才が揃ってるし。科学に超えられない壁などないし。
 
コーディネーターは人の今ある測定可能な能力を拡張した人達で、ニュータイプの様に知らない人と頭の中で会話できるとか、黄色い救急車に乗せられちゃう系ではありませんでした(´・ω・`)
 (キラはフレイの最期に何か受信していたようですが、妄想で片が付く)
まあ人類が順当に進化を重ねるんだったらそっち系ですよねー。寧ろ全ての人類がゆんゆんする未来とか、軽く地獄絵図ですよねー。ねー。
 
 
で、SEEDってなに? 


という大きな疑問を残したまま、一気見後のお楽しみ、wikiの熟読に移りたいと思います。